注射で改善する

どのような治療方法を採用するかによって費用が変わってきます

目の下にクマができる原因は様々です。原因が異なっていれば、その症状を改善するための治療方法も変わってくるのが当然ですが、どのような方法で治療するのかによってかかる費用が大きく変わってくることになります。目の下にクマができる原因で一番多いのは、加齢による目の下の皮膚のたるみです。目の下の皮膚がたるむと、その影が生じます。影になる部分は黒ずんで見えますから、それがクマのように見えてしまいます。この症状を改善するためには、何はともあれ皮膚のたるみを治す必要があります。具体的な治療方法としては、メスを用いる外科手術や特殊な糸を用いる方法、高周波を照射する方法、注射を打つ方法などが考えられます。一番リーズナブルな価格で利用できるのは、注射を用いる治療方法です。逆に一番高い治療費がかかるのは、メスを用いる外科手術ということになります。

注射でクマを治す人が増えてきました

メスを用いる外科手術と注射を打つ方法とでは、クマを治す原理に違いがあります。メスを用いる外科手術では、たるみを引き起こしている脂肪や余分な皮膚をメスで切除して、皮膚の出っ張りをなくしてしまうことによって影を生じなくさせます。一方、注射を打つ方法の場合は、出っ張っている部分には手を加えず、凹んで影になってしまっている部分に薬剤を注入して膨らみを与え、皮膚表面の凸凹をなくして影を消します。従来は、出っ張りをなくすことばかりに目が向けられていましたが、加齢の影響で脂肪が落ち、皮膚に凹みができている人が意外に多いことがわかってきました。そのため、最近では、まずヒアルロン酸注射を打ってみてクマの症状の改善を図るという人が多くなってきています。